1.第三者行為によるケガなどの医療費は、加害者が負担するのが基本です
  しかし、加害者がその場で精算できないできないような場合、「第三者行為による傷病(事故)届」
  を健康保険組合に提出することで健康保険を使って受診することは可能です
  ただし、通勤途上や業務上のケガは健康保険ではかかれません
2.「第三者行為による傷病届」の提出により健康保険扱いで受診した場合は、健康保険組合が被害者
  の有する医療費に関する損害賠償請求権を代位取得し、加害者の代わりに医療費を立替払いするこ
  とになります
  したがって、治療終了後に被害者に代わって加害者(個人・保険会社等)に対し損害賠償として求
  償し返還していただくことになります
3.交通事故等の第三者行為において、被害者(被保険者)側に著しい不行跡が認められた場合には、
  健康保険法第6節(保険給付の制限)第116〜117条の規定に基づき、保険給付の全部又は
  一部を制限する事があります
  したがってその場合は、被保険者より保険給付の一部又は全部を返還していただきます


  
※著しい不行跡とは・・・故意の犯罪行為、泥酔運転、無免許運転等
  
 
法第116条・・・被保険者または被保険者であった者が、自己の故意の犯罪行為により又は故意に
          給付事由を生じさせたときは、当該給付事由に係る保険給付は行わない
 法第117条・・・被保険者が闘争、泥酔又は著しい不行跡によって給付事由を生じさせたときは、
          当該給付事由に係る保険給付は、その全部または一部を行わないことができる
戻る