過去に掲載した記事はこちらから過去記事一覧
29/2/15発信
そろそろ春へ
季節は確実に歩んでいます
花粉症の方は大変ですが
天気の良い日はLet'sウォーキング!

過去記事一覧へ
トップページ
ミニマラソン大会ガンバレ!

3月5日(日)に開催される東振協ミニマラソン大会には、当組合から15名の方がエントリー
されました。記録を狙う方も健康づくりの方も完走目指してがんばってください。
      
      女子(被扶養配偶者含む)      5q      4名
      
男子A(40歳以上        5q      4名
      
男子B(40歳未満        5q      1名
      
男子C(45歳以上)       10q      6名
      
男子D(35歳以上45歳未満)  10q       なし
      男子E(35歳未満)        10q       なし

   当日の好天を祈っています!
ジェネリック医薬品利用促進のお知らせ(再掲)

ジェネリック医薬品が患者負担の軽減、医療保険財政の改善の切り札として、厚生労働省は利用
促進を奨励しています。
当組合でも、組合員の皆様の負担軽減と健保組合の財政改善のため、処方された薬をジェネリッ
ク医薬品に切り替えた場合、
自己負担額が1ヶ月400円(65歳以上は200円)以上軽減さ
れる方
を対象に「ジェネリック医薬品」利用促進のご案内を1月下旬に当組合に登録のご自宅宛
て(被保険者・被扶養者別)で送付します。
特に、長期投与の必要な慢性疾患の場合は大きな節減効果が期待できます。
患者負担が1,500円減ると健保組合の負担は3,500円も減ります。(3割負担の場合)
ご自身のためにも、また健保組合のためにもご検討・ご協力をお願いします。

事業運営方針と予算を検討中です

高齢者医療制度への納付金等の過重な負担や先進技術の進歩による医療費の高騰などで財政悪化が
続き、どの健康保険組合も厳しい状況となっています。
当組合においても高齢者医療制度への拠出額は保険料収入の約42%となっており、公費負担拡充
等の医療制度改革を強く望んでいるところです。
今後、理事会・組合会において平成29年度の予算編成を審議してまいりますが、事業主ならびに
被保険者のみなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

インフルエンザ補助金申請は済みましたか?

インフルエンザ予防接種の補助金申請の締め切りは2月末日です。
締め切り後には支給できませんのでご注意ください。

対象期間
  平成28年10月1日から平成29年1月31日までに実施した予防接種
請求に必要な書類
  @ インフルエンザ補助金支給申請書(健保組合備付、またはダウンロード)
  A 領収書(コピー可)
申請方法
  上記@、Aを取りまとめのうえ、事業所単位で健康管理課へ提出
(平成29年2月末日期限)
補助金額
  2,000円(2回接種法は2回で1回とします)なお2,000円に満たない場合は実費分

申請用紙はこちら → インフルエンザ補助金支給申請書(PDF/107KB)
東振協のご案内はこちらから(保険者番号 06134001) → 東振協インフルエンザ予防接種
                     
お問い合わせは健康管理課 
03-3359-8162 まで
適用関係届の回付事務廃止について(再掲)

これまでは、事業主の皆さまから提出される適用関係届(被保険者資格取得・喪失届等)につきまして、
当組合への届出と厚生年金保険・厚生年金基金の届出が併せて提出された場合には、年金事務所・年金
事務センターおよび厚生年金基金に回付する業務を行っていましたが、マイナンバー制度導入に伴い、
個人番号が記載された厚生年金保険・厚生年金基金の適用関係届を健康保険組合が取扱うことができな
くなります。
また、個人番号の記載欄を設ける適用関係届が多種類に渡ることから、平成29年1月より個人番号
の記載の有無にかかわらず、回付事務を廃止
させていただきます。
皆さまのご理解とご了承をお願いいたします。

詳しいご案内はこちら → 「TOKA健保ニュース11月号」3P(PDF/922KB)

お問い合わせは資格課 
03-3359-8164 まで
平均標準報酬月額は320千円です

当健康保険組合の平成28年9月30日における全被保険者の平均標準報酬月額は323,933円でした。
したがって、平成29年4月1日から平成30年3月31日までに適用される任意継続被保険者

標準報酬月額の上限は、第23等級320千円(31万円以上33万円未満)となります。

お問い合わせは資格課 
03-3359-8164 まで