戻る
  個人情報保護法では、本人の個人データについて、開示、訂正・追加または削除、利用停止または消去
 する権利が本人にあることとなっています。
  健保組合が保有する加入者の個人情報は、健康保険法に基づく事業主からの届出などにより保有する
 ものが大半です。また、健康保険法では、任意継続被保険者を除き、健康保険には事業所ごとの強制加入
 となっています。そのため、個人情報の基本情報(氏名・生年月日・性別・報酬など)の訂正等については、  
 原則として加入者本人の申し出ではなく、事業所経由で所定の届書を提出していただきます。
  個人情報の利用停止等に関しては、仮に個人情報の利用停止等を申し出られても、多くの場合、給付が
 受けられなくなったり、健診が受けられなくなったり、他の保健事業等についても結果として加入者の受益が
 損なわれるおそれがあります。このため、利用停止等を請求されても、ご要望にそえないことがあります。
  これらのことを前提として、当組合では、保有個人データに対する開示・訂正等及び利用停止等の請求に
 関して、「個人情報保護管理規程」ならびに「診療報酬明細書等の開示に係る取扱要領」「保有個人データ
 (診療報酬明細書等を除く)の開示・訂正・利用停止等に係る取扱要領」に則って取り扱います。
  なお、保有個人データの開示請求に関し、資格喪失証明などの各種証明書の発行については、上記の
 規程および取扱要領で定められた手続きによらず、従来と同様の手続きとなります。
 ※個人情報の開示等については、当組合総務課 03-3359-8161 までお問い合わせください。