戻る
Q.療養費の制度が設けられていることの理由及びその支給要件はどのようになって
  ますか?


A.健康保険においては、被保険者の疾病又は負傷に対しては、保険医療機関等を通じて療養の給付、
  入院時食事療養費又は保険外併用療養費の支給(以下「療養の給付等」といいます。)を行うこと
  が原則とされています。
  しかし、例外的には、近くに保険医療機関がない場合や被保険者にやむを得ない事情がある場合な
  ど、療養の給付等を行うことができない場合もありますので、これを補うため現金給付として療養
  費の制度が設けられています。
  療養費の支給は、療養の給付等の補完的役割を果たすものですから、被保険者に療養の給付等と療
  養費の支給との選択の自由を与えるものではありません。
  また、療養費は療養の給付等に代えて支給されるものですから、対象となる療養の範囲、給付期間
  は療養の給付等の場合と同じです。
  療養費の支給は保険者(健康保険組合)が療養の給付等を行うことが困難であると認められたと
  き、また被保険者が、緊急その他やむを得ない理由により、保険医療機関等以外の病院、診療所、
  薬局その他の者から診療、薬剤の支給若しくは手当てを受けたときであって、しかも保険者がやむ
  を得ないと認めたときに限って行われます。
  なお、被保険者が診療費を医師に現実に支払わなければ療養費請求権が発生しないのは、療養費が
  償還払いである以上当然のことです。




Q.次に掲げるものの装着は、どのような場合に療養費の支給が認められますか?
   ア.コルセット・眼鏡等
   イ.義手及び義足
   ウ.義眼

A.ア.コルセット、関節固定器又は歩行補助器は、その装置が療養上必要と認められる場合には療養
    の給付のうち治療材料の支給の範囲に入るものであり療養費として支給されます。
    なお眼鏡については、9歳未満の小児の弱視および先天白内障術後の屈折矯正の治療を目的と
    する場合に限り、療養費の対象となります。

  イ.義手、義足は療養の過程において、その傷病の治療の為必要と認められる場合は、療養費とし
    て支給されます。但し症状固定後に装置した義肢に要する費用及び修理に要する費用は支給が
    認められておりません。なお、下肢切断後の練習用仮義足は、支給が認められています。

  ウ.眼球摘出後眼窩保護のため装用を必要とする場合の義眼は、治療材料の範囲とし、療養費の支
    給が認められます。

  
※各支給基準に関しては、条件等によって異なりますので給付課までお問合せください。