入院時の食事が1食あたり360円を超えた場合、その差額が入院時食事療養費として現物給付されます。
医療機関の窓口に被保険者証を提示
70歳以上の高齢者は被保険者証と併せて高齢受給者証を提示
戻る
Q&Aへ
次へ
  対象者の分類 食事療養標準負担額
(1食あたり)
一般所得(B・C・Dのいずれにも該当しない者) 平成28年4月1日から
360円
平成30年4月1日から
460円
指定難病患者又は小児慢性特定疾患児童等
(C・Dのいずれにも該当しない者)
260円
平成27年4月1日以前から平成28年4月1日まで
継続して精神病床に入院していた一般所得区分の患者
低所得者U
(市区町村民税非課税者)
過去1年間の入院期間が90日以内 210円
過去1年間の入院期間が91日以上 160円
低所得者T
(市区町村税非課税者であり、かつ一定所得以下の70歳以上の者)
100円