出産のために仕事を休み給料の支払いを受けられなかった場合、健康保険組合に申請することにより
出産手当金が支給されます。
出産手当金請求書を健康保険組合に提出
戻る
Q&Aへ
支給額 支給期間

1日につき標準報酬日額の2/3相当額


出産日(出産日が出産予定日後で
あるときは出産予定日)以前42日
(多児98日)から出産日後56日

1.出産日が出産予定日と同日または出産予定日前である場合

  法定の産前産後98日(多児154日)について支給されます。
2.出産日が出産予定日後である場合

  法定の産前産後98日(多児154日)にに該当する期間を加えて支給されます。
※資格喪失日の前日まで継続して1年以上被保険者であった者が、資格喪失後に出生した場合であって
 も出産日(または出産予定日)から起算した産前始期が、資格喪失日前日以前であるときには、資格
 喪失後においても出産手当金が継続給付される場合があります。
 ただし、資格喪失日の前日に労務に服していると、継続給付の条件にはあてはまりません。
※出産手当金の1日当たりの支給額の計算方法

 
平成28年3月31日分まで → 請求日の属する月の標準報酬日額の2/3
 
平成28年4月1日分以降   → 支給開始日の属する月以前の12ヶ月間の標準報酬日額の平均の2/3
                  但し被保険者期間が1年未満の者は、以下の@かAいずれか低い方の2/3
                  @支給開始日以前の全加入期間の標準報酬日額の平均
                  A支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬日額の平均
                 ※当組合の平成27年9月30日における全被保険者の標準報酬日額の平均は7,113円
                  になります(平均標準報酬月額:320千円)


※出産手当金日額の計算例
 
例:産前産後休業期間が平成28年4月1日をまたぐ場合
   1.出産予定日:平成28年4月15日、出産日:平成28年4月20日
   2.平成28年3月1日より産休取得(産前産後休業期間:平成28年3月5日〜平成28年6月15日)
   3.平成26年9月定時決定(算定)の標準報酬月額:300千円
   4.平成27年9月定時決定(算定)の標準報酬月額:300千円
   5.平成27年12随時改定(月額変更)の標準報酬月額:380千円
上記の要件である場合、計算方法は以下の通りになります

@平成28年3月5日〜平成28年3月31日分の出産手当金日額
 
平成28年3月時点の標準報酬日額の2/3で計算
 → 380千円(標準報酬月額)÷30=12,670円(標準報酬日額・10円未満四捨五入)
   12,670円×2/3≒
8,447円(出産手当金日額・1日未満四捨五入)

A平成27年9月1日〜平成28年3月31日分の出産手当金日額
 支給開始日(平成28年3月5日)の属する月以前の12ヶ月間(標準報酬月額:平成27年4〜11月は300千円、
 平成27年12月〜平成28年3月は380千円)の標準報酬日額の平均の2/3で計算
 → {(300千円×8)+(380千円×4)}÷12÷30≒10,890円(標準報酬日額・10円未満四捨五入)
   10,890円×2/3=
7,260円(傷病手当金日額・1日未満四捨五入