全市区町村が加入し都道府県単位で創設される「後期高齢者医療広域連合」が運営主体となり、保険料
の決定や医療費の支給等を行います

次のような事務は市区町村の窓口で行います
・保険証の交付や各種医療証の申請及び交付
・療養費、高額療養費、埋葬費等の申請
・住所変更等の受付
・保険料の納付や支払に関する相談
患者の一部負担を除いて、公費(約5割)、現役世代からの支援金(約4割)、被保険者の保険料
(約1割)でまかなわれます
この負担割合は、後期高齢者と現役世代の人口比率の変化に応じて調整されます
戻る
・75歳以上の全ての方
 
平成20年4月1日現在75歳以上の方4月1日が後期高齢者資格取得日
 
平成20年4月1日以降に75歳になる方75歳の誕生日が後期高齢者資格取得日

・65歳から74歳までの寝たきりの方(一定の障害があると認定を受けた方)
 
平成20年4月1日現在認定を受けている方4月1日が後期高齢者資格取得日
 
平成20年4月1日以降に認定を受けた方認定を受けた日が後期高齢者資格取得日
被保険者個人単位で算定し、被保険者全員が均等に負担する「均等割額」と、被保険者の前年所得に
応じて負担する「所得割額」を合計した額になります。徴収は市区町村が行います

※75歳以上の被扶養者も保険料を負担することになりますが、加入から2年間は軽減措置があります
 「均等割額」のみの負担となり、かつその5割が軽減されます
 なお制度開始時の特別措置として、平成20年4月から9月までは保険料の負担はありません
 また平成20年10月から平成21年3月までは保険料の9割が軽減されます
医療費の1割を負担します(現役並み所得者は3割)
保険証に自己負担割合(一部負担金の割合)が明記されています
資格喪失届又は被扶養者異動届を提出してください

・健康保険組合の被保険者が75歳以上又は65歳以上で寝たきりの方・・・資格喪失届
 
資格喪失届に保険証、高齢受給者証を添付し、届出をしてください。資格喪失届の備考欄に75歳以
 上と記入してください。(喪失区分に「75歳 7」の記載がある資格喪失届はそこに○をして下さ
 い)その後、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に加入します
 そのとき75歳未満の被扶養者がいる場合は、健康保険の被扶養者ではなくなりますので、被扶養者
 は75歳になるまで国民健康保険に加入することになります。
・健康保険組合の被扶養者が75歳以上又は65歳以上で寝たきりの方・・・被扶養者異動届
 
被扶養者の方も75歳になると健康保険の資格がなくなりますので、被扶養者異動届(異動減)に保
 険証と、高齢受給者証を添付して届出をして下さい。異動届のS「増又は減となった日とその理由」
 欄に75歳と記入して下さい

※長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の保険料や手続きに関することは、お住まいの市区町村にお問
 い合わせ下さい