1.「被保険者賞与支払届」
2.「被保険者賞与支払届・総括表」

※厚生年金分については、社会保険事務所から送付される用紙で、直接社会保険事務所に提出してくだ
 さい。
戻る
賞与とは、名称の如何を問わず労務の対償として年3回以下支給されるものをいいます。実際の賞与等
支給額から1,000円未満を切り捨てた額を標準賞与額として用います。
保険料計算は被保険者ごとに標準賞与額に一般・介護保険料率(標準報酬月額と同じ保険料率)を乗じ
て算出し、これを労使折半で負担します。
ただし、上限が決まっており、健康保険では年度(4月〜翌年3月)の累計額573万円までとし、厚
生年金保険では支給ごとに150万円を超える額はすべて150万円として計算します。

賞与支払届については、FDでも届出できます。
賞与支払後、5日以内。
賞与にかかる保険料の対象となるもの 賞与にかかる保険料の対象とならないもの
賞与(役員賞与も含む)、ボーナス、期末手当、
決算手当、年末手当、夏(冬)期手当、越年手当、
年末一時金、繁忙手当、勤勉手当など、
賞与と同一性質を有すると認められるもので年間を
通じて支給回数が3回までのもの
左記の賞与等で年間を通じて4回以上支給
されるもの


恩恵的に支給される結婚祝金、病気見舞金、
災害見舞金など

出張旅費、大入袋、退職金、解雇予告手当、
恩給、株主配当金、健康保険の傷病手当金、
年金など
寒冷地手当、石炭手当、薪炭手当など
同一性質を有するもので年間を通じて支給回数が
3回までのもの
上記のうち金銭で支給されるもののほか、自社製品
など現物で支給されるもの