戻る
被保険者が実際に受ける報酬と、すでに決定されている標準報酬がかけ離れないように毎年1回原則と
して7月1日現在の被保険者全員について4月・5月・6月に受けた報酬の届出を行い、その年の9月
以降の標準報酬月額を決定します。
この決定を「定時決定」といい、定時決定を行うために提出する届書を「算定基礎届」といいます。
Q&Aへ
7月1日現在の被保険者全員です。
ただし、次に該当する人は定時決定の対象から除かれますので、本年度の算定基礎届の提出は必要あり
ません。

1.本年6月1日以降に被保険者の資格を取得した人。
2.本年4月に昇給などによる固定的賃金の変動や賃金(給与)体系の変更により、7月に標準報酬月
  額が随時改定される人。この場合は算定基礎届にかえて月額変更届を提出します。
3.本年5月又は6月に昇給などによる固定的賃金の変動や賃金(給与)体系の変更により、8月又は
  9月に標準報酬月額が随時改定される予定の人。なお、8月又は9月になって実際に支払を受けた
  報酬を計算したところ、随時決定に該当しない場合は、その時点で算定基礎届の提出が必要となり
  ます。
4月・5月・6月(これを「算定基礎月」といいます)に受けた報酬の平均月額を標準報酬月額等級区
分にあてはめて標準報酬月額を決定します。
この標準報酬月額の決定は4月・5月・6月の報酬の支払基礎日数が17日以上あることが必要とされ
ていますので、17日未満の月がある場合にはその月を除いて決定します。
「被保険者報酬月額算定基礎届」
「被保険者報酬月額算定基礎届総括表」
7月1日から7月10日