戻る
標準報酬月額は、被保険者資格取得届(資格取得時決定)及び算定基礎届(定時決定)により決定し
ます。
この決定された標準報酬月額は、原則として次の定時決定まで適用されることになっていますが、
その間に昇(降)給などにより報酬額が変動した場合、被保険者が実際に受ける報酬との間に隔たり
が生じ、実態にそぐわなくなることがあります。したがって昇(降)給などにより報酬額に「著しい
変動」があった場合にはその月以降の継続した3ヵ月間の報酬をもとにして、4ヵ月目から標準報酬
月額を改定することになっています。
この改定を随時に行うことから「随時改定」といい、この随時改定のために提出する届出書を「月額
変更届」といいます
Q&Aへ
次の用件のすべてに該当する被保険者について月額変更届が必要となります。

1.固定的賃金の変動または賃金(給与)体系の変更があったとき
2.変動月以降継続した3ヵ月間のいずれの月も報酬の支払基礎日数が17日以上あるとき
3.3ヵ月間に受けた報酬の平均額が現在の標準報酬月額と比べて2等級以上の差が生じたとき
2等級以上の差の判断は固定的賃金の変動差額だけでみるのではなく、残業手当などの非固定的賃金を
含めた総報酬でおこないます。
なお固定的賃金は増額しても非固定的賃金が減少したため3ヵ月間の平均額が下がるような場合、ある
いは逆に固定的賃金は減額されたが非固定的賃金が増額となり3ヵ月間の平均額が上がるような場合に
は、たとえ2等級以上の差が生じても随時改定には該当しません。

以上のことを図示しますと、次のとおりです。
報酬 固定的賃金
非固定的賃金
支払基礎日数17日以上
報酬の平均額(2等級以上の差)
月額変更届提出の必要の有無
・・・増額、・・・減額