戻る
第1号被保険者…日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の自営業者、学生、農林漁業従事者等
第2号被保険者…厚生年金保険の被保険者、共済組合等の組合員または加入者
第3号被保険者…第2号被保険者に扶養される20歳以上60歳未満の配偶者
国民年金の第3号被保険者とは厚生年金保険の被保険者や各共済組合の組合員によって扶養されている
その配偶者です。昭和61年の制度改正前はこれらの人は国民年金に加入するかどうかは任意で、保険
料は自分で負担しなければなりませんでした。
改正後は厚生年金保険の被保険者の被扶養配偶者もすべて国民年金に加入することになりましたが、
これらの第3号被保険者は自分で保険料を負担する必要はありません。
1.第3号被保険者に該当した場合(配偶者が結婚、収入減等で被扶養者になったとき)
2.第3号被保険者に該当しなくなった場合(第3号被保険者が死亡したとき、又は国外に居住してい
  る第3号被保険者が被扶養者でなくなったとき)
1.「国民年金第3号被保険者関係届」…第3号被保険者に該当した時、又は該当しなくなったとき
2.
「国民年金第3号被保険者住所変更届」…第3号被保険者の住所が変更になったとき

※届書は事業主が管轄の年金事務センターに提出します。
1.第3号被保険者の年金手帳
2.第2号被保険者の年金手帳